猫 お尻 匂い

猫のおしりから強烈なニオイ・・原因とは

猫は近くにいる飼い主にもおしりを向けます。

 

もしかして嫌われているのではないかと思った時もありました。

 

猫がおしりを向けるのは、背後から攻撃を受けることもあるからのようです。

 

飼い主の方におしりを向けるというのは信頼を寄せているという証拠です。

 

警戒している相手に背中は見せないので、おしりを見せてくれるのは強い信頼関係が築けているということになります。

 

しかし、飼い猫のおしりから強烈なニオイがしたことがあります。

 

リビングのカーペットについてしまい、なかなか匂いが取れなくて大変でした。

 

猫のおしりの肛門付近には肛門のう、匂い袋と呼ばれるものがあります。

 

猫が排便すると匂い袋が圧迫されて匂いの元が分泌されます。

 

分泌液は猫それぞれの個体差があり、溜まるスピードも違いがあります。

 

猫は排便をした後、自分で舐めてキレイにしますが、縄張り争いをした時や怖い目に合った時、甘えている時に匂いが出る猫もいるようです。

 

匂いは一時的で消えるものの、強烈な匂いです。

 

人間によっては強烈な匂いではありますが、猫はその匂いを出すことで自分を表現したり、縄張りの主張もするので重要な役目となります。

 

肛門のうの分泌液がいっぱいになると臭う猫のおしりは、液が出なければ詰まり、炎症を起こしてしまいます。

 

おしりの匂いはきつく、不快に感じます。

 

多くの猫は自然と排出されますが、出してあげないと詰まるので、肛門腺しぼりが必要となります。

 

詰まったままの状態が続くとさらに大きくなり、破裂することもあります。

 

また、分泌物が泥状であったり、膿が溜まりやすい猫は人間が出してあげなければいけません。

 

分泌液がザラザラ、ドロドロしている場合、病気の可能性もあるため、注意が必要のようです。

 

肛門の病気にならないためにもお手入れが必要ですし、デリケートな部分なので、慎重に手際も良く行わなければいけません。

 

予防するには、定期的な肛門腺しぼりが必要となります。

 

おしりをこすりつけたり、肛門周辺が腫れたり、排便時に痛がることもあったりする場合、行わなければいけませんが、おしりのニオイのほか、化膿した場合は手術となる場合もあります。

 

はじめてのことで猫も嫌がり、匂いの元をどうしても撃退することができなかったので、トリミングをした際にトリマーさんにお願いしました。

 

今後は自分でできるように勉強しようと思います。

 

長毛種の猫、老猫、太り気味の猫はおしりのお手入れやケアがおろそかになってしまいがちですが、動物病院でも行ってくれるようです。

page top