猫 散歩 病気

猫が散歩から帰ってきたら謎の水膨れが!最新医療の蟹の粉で完治!

家で猫を飼っていますが、完全室内飼いではなく、外に散歩に行かせたりと自由気ままにさせていました。

 

そんなある日、帰ってくると喉のところに水膨れのようなものが出来ていました。

 

痛がる様子も気にしている様子もなく、ご飯もよく食べ寝ていたので、しばらく様子を見ることにしました。

 

ところがある日見てみると、昨日まで小さかった水膨れが大きく膨らんでいるでいたんです!

 

今まで元気に走り回っていたのに体調も悪そうで、ぐったりと横になって動かなくなりました。

 

なんとなく呼吸も弱い気もしました。

 

急いで動物病院へ連絡している時に猫の苦しそうな声が聞こえました。

 

急いで駆け寄ると、巨大に膨れ上がった喉の水膨れが破裂していたのです。

 

中の液体と血液が混ざりあったものがベッドの上に広がっていました。

 

喉のつかえが無くなったからなのか、本人は動き回っていました。

 

少し元気になったようにも見えましたが傷口はとても見ていられないほど痛々しく、急いで病院へ駆け込みました。

 

先生の話によると、「水膨れの中にバイ菌が入り悪化させてしまった」のだそう。

 

放っておくと感染症になる恐れもあるとのことからその日は入院して様子を見ることになりました。

 

翌日病院へ行くと、引っ掻いたりしないようにカーラーえを付けられ、傷口にはガーゼが貼られていました。

 

やはり炎症が起きてしまっていて、落ち着くまではしばらく入院との事でした。

 

事の重大さに気づき、もっと早く病院へ連れていけばよかったと自分を責め悔やみました。

 

それから3日ほど経ってから先生から連絡をもらい病院へ行きました。

 

「傷口がだいぶ良くなったから治療を本格化しましょう!」とのことでした。

 

何が始まるのかと思ったら、先生は傷口へ白い粉をふりかけ始めてビックリしました!

 

「これはなんですか?粉薬?」と聞いてみると、「これは蟹の甲羅から作られた薬なんだ。蟹の甲羅には再生させる力があって、こういう傷には効果てきめんなんだよ」と説明してくれました。

 

一度振りかければ何度も同じことを繰り返さなくても済むようです。

 

その後固定してもらい、1週間後また見せにきてと言われ無事に退院です。

 

ただ、「外へ遊びに行くのは控えるように」と言われたのでゲージの中での生活になりました。

 

本人はご不満なようでしたが、ここは怪我の治療のため我慢してもらいました。

 

そして1週間後、傷口を見せてもらうとびっくり!

 

綺麗な皮膚が再生していました。

 

蟹の甲羅の効果には本当に驚きました!

 

この薬ができる前はもっと完治するのに時間がかかっていたそうです。

 

「医療は進歩しているんだな」と思いました。

 

それからは元気に走り回ることができて、本猫も大満足な様子でした。

 

最短な治療を選んでくれた動物病院の先生には本当に感謝しています。

page top