猫 ストルバイト

想像以上にオス猫のストルバイトは出やすかった!

我が家には雄猫が3匹います。

 

そのうちのスコティッシュフォールド(5歳)とメインクーン(2歳)にストルバイトが見つかりました。

 

雄猫が去勢をすると尿石がたまりやすくなるということは知っていたのですが、3匹中、2匹に出てしまうとは思いませんでした。

 

普段の生活からおかしいなと思ったのは、スコティッシュフォールドの方で、まずオシッコの色がいつもより濃くなりました。

 

毎回ではなかったので少し様子を見ていたところ、今度はオシッコをする態勢をとるのにオシッコが出てないことがあり、心配になり病院に連れて行って検査をしたところ、ストルバイトが見つかり、少し血尿も出ていました。

 

病院からPHコントロールの療養食に変えるように指示され、その日から食べさせることになりました。

 

幸い、1日に1回はオシッコが出ていたので尿毒症になる恐れもなく、療養食を食べさせるようになってから1週間後に再検査したところ、ストルバイトは出なくなり、オシッコの色も正常に戻りました。

 

その後、療養食が食べ終わったのを機に普通食に戻したのですが、3ヶ月後くらいにまたオシッコをする態勢をとるのにオシッコが出てないことがあり再び病院で検査をしたところ、またストルバイトが見つかってしまいました。

 

すぐに療養食に戻したところ、1週間後の再検査では正常に戻りました。

 

今現在、一般食に戻すことなく療養食を続けているので1年後の検査でもストルバイトが見つかることはありませんでした。

 

メインクーンの方は特に症状があらわれていたわけではありませんでしたが、年に1回の健康診断で少しだけストルバイトが見つかり、予防も兼ねて療養食に変更した方が良いと先生から指示され、スコティッシュフォールドと共に療養食を食べさせています。

 

猫に療養食を食べさせるにあたり、一番心配なのが食べてくれるかどうかです。

 

選択肢が療養食のみなので。

 

我が家のメインクーンは偏食気味でしかも一度に1回分を食べきることも少なく2回に分けて(朝晩計4回)食べさせているくらいなので、ちゃんと食べてくれるか心配でした。

 

先生にそのことを相談したところ、色々なメーカーから出ている療養食のサンプルを数種類いただきました。

 

その中から好んで食べるものがあり、とても安心しました。

 

スコティッシュフォールドの食に関しては、我が家にきてから好き嫌いもなく何でも美味しそうに食べるので初めに食べていた療養食から変えても問題なく食べてくれています。

 

猫も人間も同じですが、いつも通りだとしても定期的な検査は必要だと痛感しました。

page top